家族葬のセレブ
HOME>セレブのこだわり

セレブのこだわり

祭壇

生花祭壇(せいかさいだん)とは、葬儀式において生花のみを使用し作成する祭壇のことです。仏式の葬儀において使用されている白木祭壇の上を生花で装飾したのが始まりとされております。

現在では葬儀そのものが宗教宗派を問わないものや、葬儀 を執り行うスペースの問題等、様々な理由から葬儀自体のスタイルが多種多様になりつつあるため、都市部を中心に白木祭壇を使用せず生花祭壇のみで葬儀を執 り行うことが増えています。

セレブの家族葬では上質な胡蝶蘭を使用した生花祭壇をご提供しています。

お棺

今日の日本では火葬がほとんどであるため、それに適した棺が使用されています。
大きく分けると天然木棺と合板製のフラッシュ棺に分けられます。
天然木棺は、主材が檜(ヒノキ)、樅(モミ)、桐(キリ)などの無垢材が用いられ高級品であり、一方フラッシュ棺は、薄いラワン合板の間に芯材を入れて貼り合わせ、表面に天然木(桐が主流)を薄くスライスしたものを貼った突板貼り合板棺、木目を紙に印刷したプリント合板棺、布を貼った布張り棺があります。


骨壷

現代でも陶磁器使用がメインである。最近では、デザインも多彩となり、中には自ら絵付けしたものを生前に選定しておくことも行われるようになった。またペットにも骨壺が使用されるようになった。


液晶遺影

遺影(いえい)とは、故人を偲ぶために、作られる写真もしくは、肖像画の事です。通常は葬儀の時に飾られたり自宅では床の間に代々飾られる事が多いものです。通常は胸から上の肖像であり、特に写真の場合、スナップ写真から本人だけを抜き取る事が出来ます。葬儀の後は、代々のご先祖様とともに仏間に飾られるのが風習です。



湯灌

湯灌(ゆかん)とは、葬儀に際し遺体を入浴させ、洗浄すること。簡易には遺体を清拭することで済ませる場合もある。故人が男性の場合はその際に髭を剃られ、女性の場合は死に化粧が施される。地域差があり、一般的ではない地域もあるとされる。


オリジナル会葬礼状

数十年来、変わる事の無かった会葬礼状文の形式的な文面に疑問を頂いた発想から生まれたオリジナル会葬礼状。
会葬者の多くが、帰路、最寄りの駅のごみ箱に会葬礼状を捨てていく光景を目にします。
こうした寂しい現状を脱却するという観点に基づき、『心を伝える』という会葬礼状本来の意義を蘇らせる為、オリジナル礼状に想いをこめてお客様にお届けします。

オリジナル会葬礼状
問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。